妊娠線を消すクリームランキング最新版

妊娠線を消すクリームランキング!

妊娠線対策にクリームが良い理由

 

妊娠線対策には、オイルやローションではなく、クリームが一番良いでしょう。それは、クリームは比較的ベタベタ感がほとんどなく、塗って馴染ませるとサラっとした仕上がりになることが多いからです。クリームはすぐに馴染むので、すぐに洋服が着れ、風邪を引く心配がありませんし、妊婦さんはお腹が大きくなっても、ベタ付きによって蒸れることもありません。

 

また、クリームはオイルやローションと違って水分と油分の両方を兼ね備えているので、つけた後に一番潤いを感じることができます。特に、妊娠中はホルモンバランスの乱れなどにより、水分や油分が減少して乾燥しがちなので、こうして補えるのは嬉しいことです。さらに嬉しいことに、クリームには美容成分も多く含まれています。

 

例えば、ベルタ妊娠線クリームには、ヒアルロン酸・マリンコラーゲン・馬プラセンタ・アミノ酸・ビタミンなどの美容成分が豊富に配合されています。これらの成分は、妊娠線へと働きかけるだけではなく肌荒れ、くすみ、黒ずみ、たるみなども改善することができます。まとまりのあるテクスチャーなので、狙ったところにしっかりと塗れたり馴染ませ易いため、一番使いやすいとも言えます。

 

このように、クリームは使いやすくベタつかないのに保湿性も高くなっていて、さらに美容成分も入っているので、妊娠線対策としてお勧め度が高いのです。妊娠線対策にはクリームがお勧めですが、通常のボディケアもオイルよりクリームの方が良いでしょう。最初はオイルやローションを使用するものの、結局はクリームに落ち着く方が多いことが実際の調査でも分かっています。

 

クリームに落ち着く理由は人それぞれですが、使いやすくて効果も高いという理由が目立ちました。クリームを使用すれば間違いないと言えるので、迷わずにクリームを使用するようにしましょう。

 

 

妊娠線予防・対策に有効的なマッサージ法

 

妊娠線クリームを使ってマッサージをすると、妊娠線予防・対策に有効的となります。そこで、部位に分けたマッサージ法をご紹介します。

 

まず、お腹の妊娠線対策マッサージの方法です。おへその周りを時計周りにくるくると、円を描くように数回優しくマッサージします。続いて、数回お腹の下から上へとなでるようにマッサージを行ないます。最後は、お腹の内側から外側へとやさしくなでるように、まずは手を動かすようにして、次はクルクルと円を描くように数回マッサージをします。妊娠中の場合は、この時に胎児とスキンシップを取るように行なうようにすると力加減も調節できて良いでしょう。

 

次に、太ももとお尻の妊娠線対策マッサージの方法です。膝の裏からお尻にかけてお肉を持ち上げるようにを数回繰り返します。太ももとお尻の場合は、少し力を強めても良いでしょう。ただし、アザが残るほどの力で行なってしまうと妊娠線が生じやすくなったり悪化する可能性があるので、そこまでの力では行なわないようにしてください。

 

最後に、胸の妊娠線対策マッサージの方法です。胸の下部分に手を置いて、優しく首へと持ち上げるようにしてマッサージを数回行なっていきます。左右終わったら、両手で胸の中心部分の下側⇒上側へと円を描くようにしてこちらも数回程度行ないます。ここで気をつけるのは力加減で、強く行いすぎると胸の場合は子宮の収縮に繋がる恐れがあります。

 

以上のマッサージは、血行が良好になり真皮のターンオーバー促進にも繋がるので、ダメージを受けた真皮(妊娠線)が再生されます。併せて妊娠線クリームを使用すると、クリームの効果も反映されるので相乗効果となるのは言うまでもないでしょう。また、このマッサージをお風呂上りなど寝る前に行なうと、リラックスでき安眠効果が期待できます。

 

マッサージというのは、続けていくうちに強い力になってしまうことがありますが、胎児への負担になったり、妊娠線の悪化に繋がってしまうので、力加減に注意することを念頭に置いてマッサージを行なっていくことが大事です。

 

皮下脂肪と内臓脂肪の相違点とは?

 

皮下脂肪にしても内臓脂肪にしても、脂肪というカテゴリーに分類されています。どこが違っているのかというと、どこに脂肪がつくのかと、特徴が違っているという点が挙げられます。まず内臓脂肪というのは、内臓の周囲に付く脂肪になっていて、反対に皮下脂肪というのは、皮膚の下についている脂肪になっています。

 

そして、内臓脂肪の場合は、蓄えられやすという特徴がある反面、燃焼することが難しくないという特徴もあります。反対に皮下脂肪だと、脂肪は付きにくく、一度付いてしまうと燃焼されにくいという特徴を持っているのです。内臓脂肪にしても皮下脂肪にしても、普段の運動や生活習慣、食事によってつきやすさが違っているのですが、生活習慣が乱れてしまっていると内臓脂肪が付きやすくなります。

 

どちらのほうが害悪なのか?皮下脂肪も内臓脂肪も脂肪の一種になっているのですが、体に害を及ぼしやすいのは内臓脂肪になっています。皮下脂肪の場合は、見た目的にも肥満になってしまっていると分かるのです。が、内臓脂肪 サプリを使っての場合は見た目だけでは分かりません。

 

また、肌の奥に脂肪が溜まってしまっていても、重篤な病気になってしまう可能性は低いです。ですが、内臓脂肪の場合は、内臓自体の働きを妨げてしまいますので、病気を発祥する危険性が高くなってしまいます。

 

脂肪というのは、エネルギーを作り出すときに原料として使われることになります。そのエネルギーを作り出さなくてはならないのに、緊急事態で燃焼させることが出来ないというときに用いられるのが内臓脂肪になっているのです。皮下組織の場合は、緊急時に使われるタイプの脂肪等ことになります。

 

エネルギーを作り出すための脂肪がほとんど残っていなかったとき、この皮下脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出します。この皮下脂肪を燃焼させて、やせる様にしたいのであれば、体の中にたまってしまっている脂肪を取り除くようにしなくてはなりません。

 

一般的に、皮下脂肪は見た目でわかって、内臓脂肪は見ただけでは判断することが出来ないといわれています。ですが、内臓脂肪というのは外部から見て分からないものだとは限りません。見分け方として、立った状態で体をまっすぐにしてください。

 

そして、そのまま腹筋に力を入れて、指で腹部の肉を使うことが出来ましたか?脂肪をつかむことができたのであれば、それは皮下脂肪ということになります。その脂肪の中にさらに含まれているような感じなのであれば、それは内臓脂肪だと判断することも可能になっています。

 

肉割れのセルフケア治療方法

 

肉割れの解消方法にはいろいろなものがあります。本格的なレーザー治療やエステなどで肉割れ解消ケアもできますが今回は、自宅でできるセルフケア方法をご紹介いたします。自宅でできるセルフケア方法としては肉割れ予防・解消の保湿効果のある妊娠線 クリームをこまめに塗ることです。

 

肉割れには乾燥対策がとても大切です。乾燥している肌だと、体の急激な変化に対応していけず真皮層にあるコラーゲン繊維が切れてしまいます。こまめにケアをして、肌をしっかり保湿ケアすることで皮膚に柔軟性を持たせておくと、肉割れ防止になります。

 

一度できてしまった肉割れは、完全に消すことができません。ただ、毎日ケアすることで肉割れを薄くし、目立たなくすることはできます。体には回復する力がありますので肉割れ防止クリームで、毎日の保湿とマッサージを行い肌のターンオーバーを正常な周期に戻すことが一番の治療と言えるでしょう。

更新履歴